子どもの虐待、犯罪の低年齢化、不登校、引きこもり、離婚、高齢者介護…これらの問題で悩んでおられる方々が急増しています。 しかし、これらの方々は、他人に相談できない、相談したくてもどこに相談したらよいのか分からない…というこころの叫びをお持ちです。 私たちは、これらの悩みをお持ちの方々の支援を行っています。皆さんと一緒に問題に取り組み、解決に向かって前進していくお手伝いをしています。

2007年9月アーカイブ

 2007年9月1日付・朝日新聞「異見新言」に、日本赤十字豊田看護大教授の奥村潤子さんによる、クリニック「クラウン」の重要性が述べられていた。
笑いやユーモアが痛みや症状を軽減させることが、最近認識され出したことは時々報道でも目にするが、その流れの中から「日本ホスピタル・クラウン協会」が生まれ、クラウン達がボランティアで活動しているそうだ。

 また、婦人の友・9月号「知っていますか」でフォトジャーナリストの大塚敦子さんが、医師でも看護師でもない存在として「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」の存在を紹介している。
病気の子供たちのストレスや不安を和らげ元気になるよう応援する専門職で、日本では13人が国立がんセンターなどで活躍している。
資格を取るには、アメリカかカナダに留学しなければならないが、近い将来日本でも取れるようになるだろう。

 未だチャイルド・ライフ・スペシャリストや臨床心理士に診療報酬が出ない現実の中で、報酬対象外のスタッフを持つことは大変だろう。これらの団体は赤字に苦しんでいるところが多いが、その中でも、何とかこのような活動が広がって欲しいと願っている。

 どちらも、病人の気持ちに寄り添いながら、自ら生きる力を引き出すことで、本人も、さらには医療者も恩恵を受けることがわかって来たそうだ。
このような活動があることを知り、若者たちに是非伝えていきたいと感じた。


※参考ホームページ
『朝日新聞』
『日本ホスピタル・クラウン協会』


皆様のご意見お待ちしております。

このアーカイブについて

このページには、2007年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年8月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。