トシ家族療法研究所

子どもの虐待、犯罪の低年齢化、不登校、引きこもり、離婚、高齢者介護…これらの問題で悩んでおられる方々が急増しています。 しかし、これらの方々は、他人に相談できない、相談したくてもどこに相談したらよいのか分からない…というこころの叫びをお持ちです。 私たちは、これらの悩みをお持ちの方々の支援を行っています。皆さんと一緒に問題に取り組み、解決に向かって前進していくお手伝いをしています。
 


相談者を効果的に改善に導くあたらしい心理療法

ナラティヴ・セラピー技法習得のつどい
第7期生募集

web_カット02.jpg web_カット03.jpg

傾聴や基礎的なカウンセリングスキルではなかなか解決に導くのが難しい相談者の問題を、短期に改善するための技法が「ナラティヴ・セラピー」です。
わたしたちは、このナラティヴ・セラピーを7年あまりにわたり研究・実践し、その効果を実感しております。日ごろ相談業務に携われている方に、是非とも知っていただきたい技法です。
今回は、7回目の受講生を募集いたします。
2012年5月〜開催!

第6期ナラティヴ・セラピー技法習得のつどい、5月より授業が始まりました。
6月より編入の、若干名の追加募集をいたします。

●スケジュール

2011年
5月14日 ナラティヴ・セラピーとは【終了】
 ※5月分はテキストと小冊子で復習して合流いただきます。
6月11日 「傾聴」:コミュニケーションの一歩として
7月9日 外在化の会話 a)ネーミング、問題の定義
8月13日 外在化の会話 b)探索のカテゴリー
9月10日 再著述/脱構築の会話 a)再著述の会話の構成
10月8日 再著述/脱構築の会話 b)アイデンティティ領域の質問、行動領域の質問
11月12日 リメンバーリングの会話 a)アイデンティティの構成:再著述の諸要素
12月10日 リメンバーリングの会話 b)過去・現在・未来の捉え方
2012年    
1月14日 ユニークな成果を強調する会話 a)手がかりとユニークな成果
2月4日 ユニークな成果と会話 b)その活用
3月10日 足場づくりの会話 セラピーの確認 
4月14日 事例研究 ふりかえり 

相談者を効果的に改善に導く、あたらしい心理療法
第6期『ナラティヴ・セラピー技法習得のつどい』参加者を募集します

当所で開催いたします「ナラティヴ・セラピー技法習得のつどい」をご案内申し上げます。
この講座で学びますのは、「ナラティヴ・セラピー」というカウンセリング技法をベースとした、相談者を短期に改善に導くあたらしい心理療法です。実際のカウンセリングの現場では、相談回数が劇的に少なくなるという効果を実感しています。日本では、まだまだ実践・指導者の少ない技法です。
是非、このあたらしいスキルを学ばれることを願っております。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

昨年の4月より始まった第4期生の研修が、3月で1年間の基礎研修を無事修了されました。
皆さん、1年間の研修お疲れさまでした。
toshi_04finish100409_01.JPG toshi_04finish100409_02.JPG toshi_04finish100409_03.JPG

第4期のメンバーは、電話相談員、高齢者施設での相談ボランティア、精神保健センターでの相談医などさまざまな相談業務に携わっておられる方々が勉強されています。このナラティヴ・セラピーを、日常の業務にさっそく活かしてくださっているようです。クライエントからの相談も、よりスムースに行うことができるようになったとの声を聞き、嬉しく思います。
toshi_04finish100409_04.JPG toshi_04finish100409_05.JPG toshi_04finish100409_06.JPG

4月からは応用的な1年間の研修が始まります。皆さん、さらなるスキルアップに共に研鑽いたしましょう!

基礎と応用、2年間の研修を終えますと、『ナラティヴ・セラピスト』として認定をしています。
この5月には、第2期の研修生が2年間の研修を終え、ナラティヴ・セラピストとして認定される予定です。