NPO法人 家族のこころのケアを支援する会 は、こころに問題を抱える本人とその家族のケアを支援するため、よき相談相手となるための学習をしていただくことで、社会におけるこころの支援を目指しています。

2010年11月アーカイブ

傾聴を中心としたカウンセリング技法を習得する研修を行います。

傾聴を必要とするすべての人へ

カウンセリング技法習得研修
「アクティブ・リスニング・トレーニング」
開催!


リスニングからアクティブ・リスニングへ
コミュニケーション能力を高める「聴く」技法を習得する研修です。

この研修は、日常で起きる人間関係の諸問題を、日常の生活の中(仕事、家庭など)で解決していく技能(スキル)の獲得を目標としています。
そのために、カウンセリングの基本である傾聴(アクティブ・リスニング)や、その他カウンセリングの基本的な技法を習得します。

2011年1月22日(土)~7月9日(土) 6ヶ月間・全12回
毎月第2・第4土曜日開催 1回2時間
10:00~12:00

今年最後の開催です!

ナラティブセラピー体験講座

9月、10月と開催し、好評の本講座、11月も開催します。
この講座は、通常2年間かけておこなっています「ナラティヴ・セラピー技法習得のつどい」の入門編として、ナラティヴ・セラピーとはこんなカウンセリング技法なんだよ、ということを、分かりやすく、体験的に触れていただこうというねらいのもとにおこなう1日・6時間の体験講座です。
いきなり本格的に2年間勉強するのは敷居が高いなあ...というお声を以前からいただいていたため、ナラティヴ・セラピーの概念にちょっとだけ触れることのできる講座をご用意したわけです。
ぜひこの機会にご参加ください。


【日程】
2010年11月27日(土)
10:00~17:00

【参加対象】
どなたでも参加できます。
医療、電話相談、介護支援などで相談者への支援活動をされている方で、より効果的な対応法を模索されている方には特におすすめです。
【カリキュラム】
10:00~17:00(昼休憩あり)
(1)ナラティヴ・セラピーとは何か?
(2)これまでのセラピーとの違い
(3)外在化:ユニークな成果、ネーミング
(4)再著述:脱構築、質問の仕方
上記のカリキュラムを講義、ワーク、ロールプレイを交え体験的に学びます。
【講  師】
トシ家族療法研究所所長 斎藤 利郎
ナラティヴ・セラピーを研究し、実際のカウンセリングに活かしながらその実践結果をもとにナラティヴ・セラピー技法を伝え指導している、ナラティヴ・セラピー実践と教育の第一人者です。
(斎藤 利郎プロフィール)
北海道小樽市出身。
1960年、日本大学卒業。日本ルーテル教団神学院、Lutheran School of Theology at Chicago(教育学修士)。
日本ルーテル教団牧師(1964~1994)、浦和ルーテル学院(非常勤)、聖望学園中・高等学校(宗教主任)、開智中・高等学校(スクールカウンセラー)、武蔵野女子大学講師、東洋英和女学院短期大学非常勤講師等を経て、1998年7月「トシ家族療法研究所」、そして2003年10月には「特定非営利活動法人 家族のこころのケアを支援する会」を設立。
主な著書
「教えるってどんなこと」聖文舎
「教育カウンセリングと家族システムズ」現代書林
「心の危機をとらえる20講」(共著)学陽書房
「境界例とおもわれる登校拒否児をもつ家族へのシステム論的家族療法の経験」家族心理学研究第7巻 第1号
「心理療法におけるコントラクトの概念と適用」武蔵野女子大学紀要他
「ピア・カウンセリング-高齢者ピア・カウンセラー養成の試み」現代書林

【開催概要】
■会  場
東京学院 1F教室
東京都千代田区三崎町3-6-15

大きな地図で見る
JR水道橋駅・西口より徒歩1分

■募集人数
各回先着30名
※定員になり次第締め切ります
■参加費用
5,000円(税込)
(授業料、テキスト代等含む)
■主  催
NPO法人 家族のこころのケアを支援する会
担当:田中
〒102-0071 東京都千代田区富士見1-2-32-210
TEL/FAX 03-6272-3386
info@ts-family.org

■お申し込み方法
メールにて下記ご記入の上ご連絡ください。
1.お名前
2.ご住所
3.連絡先(TEL、FAX)
4.メールアドレス
5.連絡事項あれば
info@ts-family.org

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。